« かちー | トップページ | 出頭要請 »

グランセナ新潟戦

先日も書きましたが,グランセナ新潟戦はものすごい試合になりました。

大勝したことはすばらしいことですが,数的優位に立ちながら先制点は相手にとられたんですよね。

今年のパルセイロは,スロースターターな感じがありますよね。

サウルコス福井では大逆転劇をしましたし,JSC戦でも後半しっかり追いつきました。

ヴァリエンテ富山戦も後半のがいい試合をして得点を重ねました。

先制された方が集中が高まり動きがよくなるのか?

前半からのパルセイロの攻撃が後半になって相手の動きを止めるのか?

逆に前半から動きのよかった松本戦は後半にちょっと疲れが見えました。

 

グランセナ新潟戦も前半からいい攻撃はしてました。

相手GKが退場した場面も藤田選手?(大典選手?)のいい飛び出しでGKと一対一になり,たまらずGKが体で止めた感じでしょうか。

一発退場も仕方ない感じでしたね。

でも,それから気持ちの余裕がでてしまったのか,気候のせいか・・・

いまいちピリッとしない守備でしたね。

点を取られたときも,クリアはするもボールをつなげようとしているのかクリアが浅かったり,ファーストタッチは相手だったりで何度か攻撃を組み立て直されてやられたような感じがしました。

点を取った選手にもDFの選手がちゃんとついてたんですけどね。

まぁ相手がうまかったかな。

こちらのシュートは人工芝のためなのか,ボールの下に足が入ってしまうのか,ふかしてしまうシュートが多かったですね。

その辺りが後半修正できたのですかね。

あと,兼子選手にことごとくいいボールが来てましたね。

兼子選手がいい位置にいるのか,ボールを供給する選手がいいのか・・・両方なんでしょうね。

兼子選手のセンタリングにあわせてゴールに流し込むシュートは,人工芝といういつもと違う環境も関係ないですね。

さすがの兼子選手らしさでした。

これからも兼子選手はスタメンはなかなか厳しいかもしれませんが,点をとりたい時に途中交代の兼子選手は期待できるかもしれませんね。

|

« かちー | トップページ | 出頭要請 »

AC長野パルセイロ」カテゴリの記事

コメント

なかなか味わいのある意味深長な観戦記、楽しく読ませていただきました。
戦いは情報戦。相手もいろいろな兆候からパルセイロの様子を窺い、対策を立ててきますから、ブログをお書きになる方も表現にご苦労が大きいことでしょう。
センテンスの一つひとつから、中味を想像して読み取ることも読者の大きな喜びです。
この後も楽しみにしています。


投稿: パルセイロ | 2008年6月24日 (火) 12時23分

このコメントは、パルセイロファンからでした。

投稿: パルセイロファン | 2008年6月24日 (火) 12時26分

丁寧なコメントありがとうございます。
私のサッカー素人のブログごときで情報戦というのもちと大げさな気もしますが,サポーターでも,誰でも様々な情報に一喜一憂しますからね。
まじめに,しかしラフにブログを続けていきたいなと考えてます。

投稿: いなきち | 2008年6月25日 (水) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501581/41630263

この記事へのトラックバック一覧です: グランセナ新潟戦:

« かちー | トップページ | 出頭要請 »